恋さいか宮本映画 ファミレスのロケ地やドンの結末はいかに!

未分類
『恋妻家宮本』映画オリジナル予告編

 

 

恋さいか宮本映画 ファミレスのロケ地やドンの結末はいかに!

 

 

 

 

恋さいか宮本映画 キャストが気になる!

「恋さいか宮本」の画像検索結果

阿部寛
宮本美代子
五十嵐真珠

阿部寛さん主演ですから絶対に楽しいことは間違いありません。
オススメの映画のひとつとなっています。

 

恋さいか宮本映画 ロケ地が気になる!

「恋さいか宮本映...」の画像検索結果

「恋さいか宮本映...」の画像検索結果

ロケ地は新守谷駅周辺だそうです。
駅前という混雑し、人が集まる場所での撮影。
そして阿部寛さんという目立つ人!
なかなかこんなに大きく目立つ人はいません!
駅前にもかなりの人が集まったのではないでしょうか?

恋さいか宮本映画 あらすじとネタバレ!

https://twitter.com/pv6mvi11/status/1010959540592865280

常に決められない男、それが、主人公の陽平でした。
学校でも悩みます。
何故なら妻からの離婚届をみつけたからです。
つい、リフォームも新しい夫を迎えるためかと邪推し、テスト中なのに声を上げてしまいました。
何とか誤魔化します。
授業を、終えると話しかけてきました。

料理教室で、陽平は離婚届を妻が書くのはどういう時か聞いてみました
不満はないけど不安がある
という回答でした。

美代子は息子夫婦の福島に行ってしまいました。
五十嵐さんに不倫に誘われホテルまでいきます。
しかし、旦那が入院したと聞いて慌てて病院に駆けつける五十嵐さんを見て、陽平は安心します。

あてつけでした。
迷いを反省し、その帰りにドンと病院で会った陽平は、お弁当を作ろうとしますが祖母に見つかり怒られます。

でも陽平は言い返しました。

おばあさんは正しいですが優しくありません。
怪我したお母さんに元気になってもらいたくて、お弁当を作ることは間違ってるかもしれませんが、優しいと思います。

ドンとエミは祖母の手を握りしめます。

流石の祖母も孫の気持ちを理解したようです。

お弁当はできました。
母親は点滴をして食事はたべれません。

先生、やっぱり先生に向いているよ。
といわれると嬉しそうに微笑みます。

福島の正の家では、今、家を出たときだった。

あなた? 陽平?
美代子は反対側のホームに立っています。

忘れ物を駅に取りに帰ったところだったのです。

恋さいか宮本映画 結末は?

今度こそ、陽平は気持ちを伝えようとしますが突然停電がおきます。
そして復旧に時間がかかります。
話をして27年間の思いを伝え、夫婦はずっとそばにいました。

 

恋さいか宮本映画 結末の意味!

 

結末は、大好きだった妻が自分のもとにもどってきたことを表しています。
長年同じ人をこよなく愛せるだなんて幸せですね。

 

恋さいか宮本映画 感想!

こちらの作品は、夫婦愛を確かめられる作品となっており、長年ずっと一緒にいたら好きという感情さえもが、マンネリ化によりわからなくなってしまうものです。
しかし、この彼はちがいます。
妻が大好きで仕方ないのです。
妻がが大好き、その気持ちを考えるとみているこちら側がついつい笑顔になってしまうのです。
沢山の笑顔をみたいと思いつつ空回りしてしまう夫をみると、それはちょっとしたすれ違いであり、うまくいかなくて仕方がないことなのかもしれません。
ここで考えていただきたいのは男性は口下手であること。
だからこそ、上手いこと伝わることができません。
大事だよと一言いえばいいだけなのにそれすらうまくいかないのです。
どうすればいいのかわからないのかもしれません。
好きという気持ちは、ドキドキしているという感情ではないのです。
何故なら笑うことも難しく、彼は優柔不断だから。
何もかもズバッと決められない人は世の中多いもの。
しかし、決められないからといって愛想を尽かされるのも少しかわいそうなものがあります。
何故なら、彼自身がうまくいかないとはいえ温厚な人だからです。
最終でていってしまう妻ですが、妻自身はもちろん夫を心から嫌いになっているわけではないのです。
夫のことを心から愛し、そして心から幸せを感じることがわかります。
電車のホームであったとき、ふたりはどんな感情をいだいたのでしょうか?
まるで、付き合いたての時のようなラブロマンスが繰り広げられていたのかもしれません。
そう考えると素敵ですね。
ずっと一緒にいることにより、何もかもが普通と思えてしまい、最終的に当たり前と思うが故に些細な幸せを感じることはできません。
思わず、にっこりと笑える関係ならよいのですが、夫婦仲というのは複雑で思ったようにいかないのが現実なのかもしれません。
大好きな妻は夫がかわってくれることを信じ、前に進んでいます。
そう、妻は夫に対し愛情はもちろん好きという感情があったのです。
沢山の笑顔に見守られながら、生活してきた夫は、もしかしたら妻だから甘えてしまう場面があったのかもしれないです。
必死に妻を取り戻そうという姿はなんとも素敵ですね。
途中他の女性に目を向けますが、やはり妻が一番と言える彼が素敵に感じます。
無愛想でなにも自分で決められない夫ですが、言葉を変えれば妻に対しては自然体でいることができ安心していたことがわかります。
なんだかんだいって最終は良い夫婦だったのです。
夫婦間のいざこざはみえないだけで様々あるものなのですから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました