スタンドバイミーのラストシーンを動画配信サービスで無料視聴する方法! あらすじ・感想

洋画

映画「スタンドバイミー」を”見逃してしまった!”

 

いう人や”カット・CMなしで観たい”という人に無料でフル視聴する方法

 

あらすじ・キャスト・感想をまとめてみました!

 

見逃した作品、過去の作品が観たい

 

まとめて全話観たい

 

CMなし、高画質で観たい

 

こんな人たちにピッタリの動画配信サービスをご紹介します!!

 

映画『スタンドバイミー』を無料で視聴する方法は?

映画「スタンドバイミー」

フル動画はU-NEXTで配信中です!

初回登録は31日間無料&600ポイントプレゼント

U-NEXTで今すぐ視聴する

 

【U-NEXT簡単な登録方法の手順】

 

 

【U-NEXT解約・退会の手順方法】

 

 

無料期間が最長の31日間 

(無料期間中の解約もOK!)

無料トライアルとは
申込みから31日間、基本料金が無料で試せるキャンペーンです。
また、加入特典としてU-NEXTポイントをプレゼントしているので、レンタル
作品も楽しめます。
もちろん、無料期間中に解約すれば料金は一切発生しません。
「31日間無料トライアル」はこちらから登録いただけます。
※トライアル期間終了後は自動継続となり、月額基本料金が発生します。

おすすめNo.1!U-NEXT

【U-NEXT】は、洋画、邦画、国内外ドラマ、アニメ、バラエティ、雑誌など様々なジャンルが揃っている動画配信サービスです。

 

月額1990円(税抜)ですが、毎月1200円分のポイントがもらえるので、実質790円(税抜)で楽しむことができます。

 

ポイントは新作映画や新作ドラマ、漫画などの有料コンテンツに利用できます。

 

初めて登録するのが不安という人にも安心!

 

U-NEXTでは初回登録の場合《31日間の無料トライアル&600円分のポイ

 

ントプレゼント》を実施しています。

 

無料トライアル中にボタン一つで解約できるので、1円も払わずお試しができるのです。

 

U-NEXTの特徴

①見放題作品数No.1!!

 

 

U-NEXTより引用

 

U-NEXTより引用

 

 

②新作映画がレンタルと同時配信

U-NEXTより引用

 

 

③NHKオンデマンド作品あり

 

(ポイント利用orNHKまるごと見放題パックで視聴可)

 

 

U-NEXTより引用

 

 

④80誌以上の雑誌読み放題

 

U-NEXTより引用

 

 

⑤毎月1200円分のポイントが付与!

有料コンテンツ(ポイント作品・電子書籍・映画チケット)で利用可!

 

 

 

U-NEXTより引用

 

 

⑥追加チャージで最大40%ポイント還元

 

 

U-NEXTより引用

 

 

⑦最大4つのアカウント作成が可能!

 

U-NEXTより引用

 

 

⑧ダウンロード機能アリ

 

 

⑨マルチデバイス対応

 

 

⑩高画質&高音質

 

 

登録はこちら

 

☟ ☟ ☟ ☟

 

初回登録31日間無料&600円分のポイントプレゼント

 

U-NEXTで今すぐ視聴する

 

【U-NEXT簡単な登録方法の手順】

 

 

【U-NEXT解約・退会の手順方法】

 

 

映画『スタンドバイミー』あらすじネタバレあり

 

映画「スタンドバイミー」あらすじ

荒廃した街に暮らす少年たち

作家のゴーディはある日、新聞の記事から

弁護士のクリストファーが刺殺された

ということを知り、少年時代を思い出します

 

1959年、ゴーディが12歳の頃

オレゴン州のキャッスルロックという町で育ちます

この町は寂れた田舎町で、治安も悪い劣悪な環境です

 

ゴーディは、頭の良い少年クリス

親から虐待を受ける眼鏡の少年テディ

臆病者で肥満児のバーンと仲良くしています

 

一見、普通に仲良くしている4人

しかし、彼らはそれぞれ言えない悩みを抱えています

 

ゴーディは、優秀だった兄が事故で死んでしまって以来

両親から冷遇され、劣等感を感じ

将来に夢や希望を持てずにいます

 

クリスは、賢い少年なのですが

父親がアル中、兄は不良であるなど家庭環境は劣悪で、

将来に不安を抱きつつ、生来の正義感と葛藤しています

 

テディの父親は、かつて軍人でしたが精神を病み、

息子に暴力を振るい続ける日々、

父を尊敬するテディは、虐待されても言えずにいます

 

バーンはマイペースで臆病な性格

兄が不良グループのリーダー格ですが

彼は真逆ののんびり屋です

 

ある日、バーンは兄の話から

街はずれで少年が列車に撥ねられた

というニュースを聞きます

 

しかもその死体はいまだ見つかっていないとのこと

死体を見つけてあげれば

自分達は有名になるかもしれない

 

そんな会話から4人は

死体探しの旅に出かけることにするのです

 

将来への夢と不安

何気なく、しかも何の計画もないまま

いわゆる不純な動機で旅に出た4人

途中では口げんかをしながらも旅を続けます。

 

途中、鉄橋を歩いていると

後ろから列車が追いつきそうになり

あわや一大事に、といったハプニングもありながら

 

夜、森の中で野宿をすることになり

クリスは隠し持ってきた拳銃を披露します

おっかなびっくり交代で持ちながら見張りをする4人

 

そんな中、ゴーディとクリスが2人きりになります

 

ゴーディは親に嫌われている環境のせいで

物書きになりたい夢を

諦めようとしていることを話します

 

そんなゴーディを

クリスは、素晴らしいことだと認め

作家になる夢を諦めないよう助言します

 

またクリスの方も、劣悪な家庭環境から

将来に希望が持てないこと

 

また教師に利用された経験から

周囲を信用できないことを明かします

ゴーディは、そんなクリスを励まし、進学を勧めます

 

そんなころ、クリスやバーンの兄がメンバーである

不良グループのトップに君臨するエースが、死体の話を知ります

そして車に乗って、その場所に向かい始めるのです

 

勇気ある一歩は

沼に入り、ヒルに襲われたりと

不安な環境を乗り越え、徒歩でようやく

死体の場所にたどり着いた4人

 

しかし、ちょうどその頃その場所に

不良グループの車も到着します

 

エースはナイフで4人を脅し、

死体を渡せと迫ってきます

 

恐れおののき、逃げ出すバーンとテディ

しかしクリスは毅然と拒否します

生来の正義感から、彼はエースの要求を断るのです

 

怒ったエースはクリスに襲い掛かろうとします

間一髪、クリスの身が危ない

しかし、ゴーディの勇気がエースを救うのです

 

エースたちが退散した後

4人は警察に通報して、冒険は幕を閉じます

 

夏が終わり、進路も別々の彼らは、

次第に疎遠になっていきました

 

大人になったゴーディは、作家として成功しています

クリスは猛勉強の結果、弁護士になっていました

 

しかし、そのクリスが亡くなったのです

しかも、その原因が昔と変わらなかった彼の性格によるもの

ということをゴーディは知ります

 

荒廃した田舎町の寂れた記憶の中、

あの夏の冒険によって得た友情は、それぞれを支える貴重な体験だったのだ

とゴーディは感じるのです

 

「スタンドバイミー」の表題が意味するもの

映画の題名であるStand by me(スタンドバイミー)

直訳すれば、「私の隣に立つ」という意味

 

映画のテーマと照らして考慮するなら

この場合の訳は

「自立する自分を支えたもの」

 

もしくは

「私の傍にいてくれたもの」

といった言葉に置き換えられましょう

 

ストーリーに登場する少年たちは

皆、それぞれに悩みや希望を抱えています

 

そしてここに登場する彼らは

ちょうど大人と少年の狭間にいる年頃

 

この夏であった様々な出来事が

彼らの傍らにあって、それぞれの人生を支える

そんな貴重な経験だったということもでもありましょう

 

「スタンドバイミー」が伝説的映画となったわけ

この映画は、映画ファンの中で

伝説的映画と捉えられています

 

多くの脚本を手掛けた

スティブン・キングの作品である

ということだけでなく

 

クリスを演じたリヴァー・フェニックスが

作品の上映後となる1993年に

この映画の配役同様、23歳で逝去してしまう

 

ストーリーの切なさと、そんな様々な事象が重なり

今なお、オレゴン州の撮影地には

聖地巡礼するファンがいるほど伝説と化しています

 

 

映画『スタンドバイミー』スタッフ&キャスト

監督:ロブ・ライナー

原作:スティブン・キング

 

音楽:ジャック・ニッチェ

 

脚本:レイノルド・ギデオン

 

ブルース・A・エヴァンス

 

 

製作:アンドリュー・シェインマン

 

ブルース・A・エヴァンス

 

レイノルド・ギデオン

 

出演

 

ゴーディ・ラチャンス:ウィル・ウィートン

 

クリス・チェンバース:リヴァー・フェニックス

 

テディ・デュチャンプ:コリー・フェルドマン

 

ヴァーン・テシオ  :ジェリー・オコンネル

 

エース・メリル   :キーファー・サザーランド

 

チャーリー・ホーガン:ゲイリ・ライリー

 

アイボール・チャンバース:ブラッドリー・グレッグ

 

ヴィンス・デジャーディンス:ジェイソン・オリヴァー

 

ラチャンス:マーシャル・ベル

 

 

映画『スタンドバイミー』世間の感想

伝説という名に相応しい作品。

オマージュしている作品も多いというが、

実際観てみると、なるほどでした。

 

列車が迫りくる、有名なシーンなんて

他のいくつかの映画でも

同じような緊迫したシーンを見たことあります。

 

それだけじゃなく、光と闇を上手に活用した

森のシーンなども素晴らしい。

 

ストーリーも大変深みがあって、

これは大人になるほど、観たくなる作品です。

 

 

 

 

このストーリーはそもそも

スティブン・キングの自叙伝では無いか

とも言われてますよね。

 

実体験を活用したと言われると、

納得できる重厚感のあるストーリーでした。

 

映画ファンとしては、

すごく若いキーファー・サザーランドや、

あのリバー・フェニックスが登場する

涙無くしては観れない作品です。

 

何度も観ていますが、

観るたびに違う感想や発見があって

本当に名作なんだと改めて感じています。

感動しました。

少年時代を思い出す作品です。

悩みや葛藤など、いろんな感情

それを丁寧に描いています。

 

個人的にはクリスとゴーディが

森の中で将来や不安を語り合うシーン

あそこ泣けます。

 

普段、正義感が強く、気の強いクリス

決して弱音を吐かない彼が

涙しながら将来の不安を吐露する

 

それをゴーディが優しく寄り添う

ああ、なんという素晴らしい瞬間

このシーンこそ、スタンドバイミーだと

そう感じています。

名作だけあって、大変深いストーリーです。

昔から知っていましたけど、

改めて観ると深い。

 

例えば結構差別的なセリフも多いんです。

時代的背景を思うと、当時は当たり前なのかな

でも、その差別的な言葉が、時代を感じる。

 

そんな差別的なものが当たり前にある環境で

彼らはコンプレックスと闘いながら

大人になっていくっていうこと。

 

簡単なようで、難しいことを

さらりとストーリーに織り込ませている辺り

本当の名作なんだと感動しました。

 

まとめ

1959年のアメリカ、オレゴン州の田舎町

12歳の4人の少年が、

冒険の旅に出る

 

その冒険は、行方不明の少年を探す旅

でも、本当に見つけようとしていたのは

それ以外だったのかもしれない

 

2日間という短い冒険で

彼らには

生涯において貴重な経験が待っていた

 

映画「スタンドバイミー」はU-NEXTで配信中です!

見逃した人は是非チェックしてみて下さい!

 

U-NEXTで今すぐ視聴する

コメント

タイトルとURLをコピーしました