キセキ -あの日のソビト-映画のラストシーンを動画配信サービスで無料視聴する方法! あらすじ・感想

邦画

映画「キセキ -あの日のソビト-」を”見逃してしまった!”

 

いう人や”カット・CMなしで観たい”という人に無料でフル視聴する方法

 

あらすじ・キャスト・感想をまとめてみました!

 

見逃した作品、過去の作品が観たい

 

全話まとめて観たい

 

カット・CMなし、高画質で観たい

 

こんな人たちにピッタリの動画配信サービスをご紹介します!!

映画『キセキ ーあの日のソビトー』予告編

映画『キセキ -あの日のソビト-』を無料で視聴する方法は?

映画「キセキ -あの日のソビト-」

フル動画は『U-NEXT』で配信中です!

初回登録は31日間無料&600ポイントプレゼント

U-NEXT公式サイト31日間の無料お試しはこちら

【U-NEXT簡単な登録方法の手順】

 

 

【U-NEXT解約・退会の手順方法】

 

 

無料期間が最長の31日間 

(無料期間中の解約もOK!)

無料トライアルとは
申込みから31日間、基本料金が無料で試せるキャンペーンです。
また、加入特典としてU-NEXTポイントをプレゼントしているので、レンタル
作品も楽しめます。
もちろん、無料期間中に解約すれば料金は一切発生しません。
「31日間無料トライアル」はこちらから登録いただけます。
※トライアル期間終了後は自動継続となり、月額基本料金が発生します。

おすすめNo.1!U-NEXT

【U-NEXT】は、洋画、邦画、国内外ドラマ、アニメ、バラエティ、雑誌など様々なジャンルが揃っている動画配信サービスです。

 

月額1990円(税抜)ですが、毎月1200円分のポイントがもらえるので、実質790円(税抜)で楽しむことができます。

 

ポイントは新作映画や新作ドラマ、漫画などの有料コンテンツに利用できます。

 

初めて登録するのが不安という人にも安心!

 

【U-NEXT】では初回登録の場合31日間の無料トライアル&600円分のポイントプレゼントを実施しています。

 

無料トライアル中にボタン一つで解約できるので、1円も払わずお試しができるのです。

 

U-NEXTの特徴

①見放題作品数No.1!!

 

 

U-NEXTより引用

 

U-NEXTより引用

 

 

②新作映画がレンタルと同時配信

U-NEXTより引用

 

 

③NHKオンデマンド作品あり

 

(ポイント利用orNHKまるごと見放題パックで視聴可)

 

 

U-NEXTより引用

 

 

④80誌以上の雑誌読み放題

 

U-NEXTより引用

 

 

⑤毎月1200円分のポイントが付与!

有料コンテンツ(ポイント作品・電子書籍・映画チケット)で利用可!

 

 

 

U-NEXTより引用

 

 

⑥追加チャージで最大40%ポイント還元

 

 

U-NEXTより引用

 

 

⑦最大4つのアカウント作成が可能!

 

U-NEXTより引用

 

 

⑧ダウンロード機能アリ

 

 

⑨マルチデバイス対応

 

 

⑩高画質&高音質

 

登録はこちら

 

☟ ☟ ☟ ☟

 

初回登録31日間無料&600円分のポイントプレゼント

 

 

U-NEXT公式サイト31日間の無料お試しはこちら

 

 

【U-NEXT簡単な登録方法の手順】

 

 

【U-NEXT解約・退会の手順方法】

 

 

 

映画「キセキ -あの日のソビト-」あらすじ

それぞれの思い

メタルバンドでボーカルをつとめる兄のジン、彼の弟のヒデは、医大を目指して浪人中。

ある日、ライブを見に来たレコード会社の担当者・売野に、デビューの話を持ち掛けられたジン。

その日家に帰ると、厳格な父親は「いつまで音楽なんてくだらないことをするんだ!」と怒鳴り、ジンに殴りかかり、日本刀を持ちだし「成敗してやる!」と切りつけようとする父親。

そこへ電話があり、父親は病院へと向かいます。ジンは家を出て、一人暮らしを始めることに。

一方、予備校と実家の往復だけの生活を送るヒデは、たまに行くCDショップで働く理香と付き合い始めるが、この頃から自分の学力に限界を感じていたヒデは母親に相談するが「あなたは頭がいいんだから大丈夫よ」と励まされる。

ある日、昔から歯の弱い母親が「いい歯医者さんいないかしら?」と言うのを聞いて、歯医大を目指すことを決めたヒデは、その晩、歯科大を目指すと父親に報告する。

そんなある日、デビューしたジンは雑誌に取り上げられるが、

それを見せるために実家に帰ったジンですが、父親は「くだらない!」とまたも怒鳴り「ただのお遊びに過ぎない!」と言われ、ジンはヒデに「本当に歯医者になりたいのか?」と尋ねる。

父親とジンが言い争うのを聞いて、たまらなくなったヒデは「僕は歯医者になります…」と言うしかなかった。

ジンの決意

父親の反対を押し切って音楽の道に進んでいるジンですが、なかなか思うようにいかず、レコード会社の売野からは曲を作りなおすよう命じられ、「自己満足でいいなら世間に出す必要はない!」とまで言われてしまう。

季節は冬になり、試験を受けたヒデは、はれて歯科大に合格し母親は大喜びし、春になり、大学に通うヒデ。

ナビやクニ、ソウと出会い、学生生活を満喫、後にナビやクニ、ソウたちと“グリーンボーイズ”を結成します。

その頃、ジンは仲間たちとぎくしゃくし始め、メンバーのトシオは「こんなの自分たちがやりたかったことじゃない!」と愚痴をこぼすが、ジンは、売れなければ意味がないと励ます。

我慢が限界に達したトシオはついに「今日で辞めるわ…」と言って、ハイスピードを脱退します。

そんな中、グリーンボーイズの初ライブが開催される日がやってくる。

グリーンボーイズの曲が始まると、観客は一斉にわき立った。

ヒデたちを見る観客の中には、トシオとジンの姿もあった。

グリーンボーイズが歌う曲は、ジンがアレンジしたものです。「あいつら才能あるんじゃね?」と、トシオはジンに話し、ライブ会場を去ろうとした。

ジンはトシオに本当にバンドを辞めるのか尋ねると「身の丈に合ったことをしようと思う…」と、トシオは笑顔で去っていった。

デビュー

後日、レコード会社の売野のもとをジンが訪れ、必死で売野に頭を下げて、グリーンボーイズのデビューへとこぎつけ、デビューできると知ったナビたちは舞い上がる。

しかし、あくまでも音楽は趣味と冷静なヒデだったが、その後ジンはプロデューサーとして裏方に回ることにし、ヒデが歌詞を書いてジンの家で練習を重ね、再びデモテープを売野に持ち込む。

CDデビューが決まるが、ヒデの心配の種は厳格な父にあった。

ジンは「父親には内緒にしておけばいい」と言い、そのため、顔を出さずにCDデビューしようと考えたが、売野は顔を出さずに売り出すことはできないと断られる。

しかし、ジンの必死な説得で何とか顔を出さずにデビューが決まった。

グループ名がグリーンボーイズから「GReeeeN」に改められ、ロゴも出来上がり、順調にデビューに向けて進みだす。

レコーディングスタジオを借りられない彼らは、ジンの部屋のクローゼットで録音、そしてついに新曲「道」が、デビュー曲としてリリースされた。

スタートライン

ジンは自動車の整備工場で働くトシオの元を訪れ、自分は縁の下の力持ちとして徹することにしたと打ち明けるジン。

デビューを果たしたヒデですが、学業がおろそかとなっていたため、GReeeeNの活動を終わりにしようとする。

父親から「今何が大事かしっかり考えろ!」と叱られたこともあり、理香に音楽はいったん辞めようと考えていることを伝えるが「ヒデは何がしたいの?」と聞かれる。

その後、理香から言われた言葉が胸に刺さり、勉強していても何も頭に入らないヒデ。

悩んだ末に「音楽はもう終わりにする…」と伝えるが、ジンは「続けたくても続けられないやつがいるんだよ!お前ひとりで決めてんじゃねーよ!」と怒りを爆発させる。

「お前には才能あるんだから、続けろよ…」とジンから言われ、しばらく考えたヒデはジンに音楽を続けたいと伝える。

そして、ジンは病院にいる父親に、ヒデが音楽をすることを認めてほしいと頭を下げに行く。

しかし、「人の命を救えるのは医者だけで、音楽では救えない。」と言い切る父親。

ジンは「心の医者になり、誰かを救って見せる。」と告げるのだった。

映画「キセキ -あの日のソビト-」スタッフ&キャスト

製作国

日本

 

監督

熊澤尚人

 

脚本

熊澤尚人

 

原作

沼田まほかる

 

製作

石田雄治

 

製作総指揮

佐藤直樹

 

千葉善紀

 

柳迫成彦

 

大熊一成

 

出演

吉高由里子

 

松坂桃李

 

松山ケンイチ

 

貴山侑哉

 

佐津川愛美

 

清野菜名

 

清原果耶

 

木村多江

映画「キセキ -あの日のソビト-」世間の感想

面白かった!GReeeeNの誕生秘話が知れて良かった。こんな裏側があったとは。菅田くん初めイケメン揃いで目の保養(笑)菅田君達の唄う姿や歌声が好き。あんな風に歌うの楽しいー!と全身で表現できるのっていいなぁ。

 

この年(間もなく27)になってこういうの観てよかった。
自分の夢に向かっていくのも、やりたいこととやらなきゃいけないこと両方あって両方するのも、人の夢を応援するのも、どれも◎

 

 

4人が曲作りのためにお兄さんの家に泊まり込んで、明け方みんなして眠ってる姿が、自分の大学時代と重なった。
あの頃、ただただ自分たちがいいと思うものを作りたくて、お金がもらえるわけでもないのに、寝る間を惜しんでサークル活動に取り組んだ。
今もそんな気持ちで仕事に取り組めたらいいな。

•映画観たらより紅白楽しめるかなと思って観た。
•GReeeeNのeは4つだと覚えられた(^^)
•横浜流星の野暮ったさと杉野遥亮のあどけなさがよかった♡

この映画を観てJINという存在を初めて知りました!JINがいなければグリーンが世に出る事もなかったのかなと思うと凄い才能のある方なんだなと思いました。ラストもあっさりしていて良かったです!実際にキャストが歌っていたとは思わないくらいの再現力でそこにも驚きました!

まとめ

 

映画「キセキ -あの日のソビト-」はU-NEXTで配信中です!

 

見逃した人は是非チェックしてみて下さい!

 

 

U-NEXT公式サイト31日間の無料お試しはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました