ユリゴコロ映画ラストシーンを動画配信サービスで無料視聴する方法! あらすじ・感想

邦画

映画「ユリゴコロ」を”見逃してしまった!”

 

いう人や”カット・CMなしで観たい”という人に無料でフル視聴する方法

 

あらすじ・キャスト・感想をまとめてみました!

 

見逃した作品、過去の作品が観たい

 

全話まとめて観たい

 

カット・CMなし、高画質で観たい

 

こんな人たちにピッタリの動画配信サービスをご紹介します!!

映画『ユリゴコロ』予告編

映画『ユリゴコロ』を無料で視聴する方法は?

映画「ユリゴコロ」

フル動画は『U-NEXT』で配信中です!

初回登録は31日間無料&600ポイントプレゼント

U-NEXT公式サイト31日間の無料お試しはこちら

【U-NEXT簡単な登録方法の手順】

 

 

【U-NEXT解約・退会の手順方法】

 

 

無料期間が最長の31日間 

(無料期間中の解約もOK!)

無料トライアルとは
申込みから31日間、基本料金が無料で試せるキャンペーンです。
また、加入特典としてU-NEXTポイントをプレゼントしているので、レンタル
作品も楽しめます。
もちろん、無料期間中に解約すれば料金は一切発生しません。
「31日間無料トライアル」はこちらから登録いただけます。
※トライアル期間終了後は自動継続となり、月額基本料金が発生します。

おすすめNo.1!U-NEXT

【U-NEXT】は、洋画、邦画、国内外ドラマ、アニメ、バラエティ、雑誌など様々なジャンルが揃っている動画配信サービスです。

 

月額1990円(税抜)ですが、毎月1200円分のポイントがもらえるので、実質790円(税抜)で楽しむことができます。

 

ポイントは新作映画や新作ドラマ、漫画などの有料コンテンツに利用できます。

 

初めて登録するのが不安という人にも安心!

 

【U-NEXT】では初回登録の場合31日間の無料トライアル&600円分のポイントプレゼントを実施しています。

 

無料トライアル中にボタン一つで解約できるので、1円も払わずお試しができるのです。

 

U-NEXTの特徴

①見放題作品数No.1!!

 

 

U-NEXTより引用

 

U-NEXTより引用

 

 

②新作映画がレンタルと同時配信

U-NEXTより引用

 

 

③NHKオンデマンド作品あり

 

(ポイント利用orNHKまるごと見放題パックで視聴可)

 

 

U-NEXTより引用

 

 

④80誌以上の雑誌読み放題

 

U-NEXTより引用

 

 

⑤毎月1200円分のポイントが付与!

有料コンテンツ(ポイント作品・電子書籍・映画チケット)で利用可!

 

 

 

U-NEXTより引用

 

 

⑥追加チャージで最大40%ポイント還元

 

 

U-NEXTより引用

 

 

⑦最大4つのアカウント作成が可能!

 

U-NEXTより引用

 

 

⑧ダウンロード機能アリ

 

 

⑨マルチデバイス対応

 

 

⑩高画質&高音質

 

 

登録はこちら

 

☟ ☟ ☟ ☟

 

初回登録31日間無料&600円分のポイントプレゼント

 

 

U-NEXT公式サイト31日間の無料お試しはこちら

 

 

【U-NEXT簡単な登録方法の手順】

 

 

【U-NEXT解約・退会の手順方法】

 

 

 

映画「ユリゴコロ」あらすじ

ユリゴコロと書いたノート

亮介は同棲中の婚約者でもある千絵と、山奥の喫茶店を営みながら生活を送っていた。

しかしある日、千絵が謎の失踪を遂げ、更に亮介の父が末期ガンである事が発覚。

亮介は精神的に不安定な状態に陥る。

そんなある日、亮介は実家の押入れから『ユリゴコロ』と書かれた一冊のノートを見つけた。

創作か現実か、そこには殺人者 美紗子の半生が綴られていた。

殺人者の独白

「ユリゴコロ」には「私のように平気で人を殺す人間は脳の仕組みがどこか普通と違うのでしょうか」このような書き出しで始まっていた。

普通の人には心の拠り所「ユリゴコロ」というものが誰にでもあるものだが美紗子にはそれがなかった。

普段から無口で、友達と遊んでも新しいオモチャを貰っても喜びを感じない美紗子はある雨の日、友達を池に突き落として溺死させてしまい、美紗子は生まれて初めて喜びに近い感情を抱く。

中学に進学した美紗子ある日、帽子を拾おうとしている少年を殺し、死んだ少年を見て美紗子は再び喜びのようなものを感じた。

調理の専門学校に進学した美紗子は初めてみつ子という友達ができる。

そんなみつ子は精神を病んでおり、リストカットが止められずにいた。

自分と通じる部分を感じた美紗子ですが、結局はみつ子までも殺してしまう。

このように人を殺す事が心の拠り所となってしまった美紗子は出会う人々を次々と殺していく。

美沙子の真実

『ユリゴコロ』を読んだ亮介は殺人鬼 美紗子に全く共感出来ないものの、なぜか惹かれていく。

そんなある日、亮介の喫茶店に細谷が訪ねてくる。

細谷は失踪した千絵の友人で、亮介に協力したいと持ちかける。

亮介は細谷に千絵の捜索に協力してもらうと、千絵は暴力団と関わっている事が判明。

そしてユリゴコロの続き、専門学校を卒業した美紗子は食品関係の仕事に就くものの社会に適合出来ず1年で退職してしまう。

お金が必要になった美紗子は身体を売って生活費を得るようになった。

そんなある日、美紗子が売春目的で洋介に声をかける。

しかし洋介はお金だけを渡して美紗子に手を出そうとしなかった。

それ以来、美紗子と洋介は同棲するようになり、しばらく経ったある日、洋介は自分は「過去に子供を殺したから罪を償って生きていかなければならない」と告白。

話を聞いてみると、帽子を拾う少年を手伝って溝の蓋を支えてたら、自分の過失で手を離してしまい、少年を殺してしまったと洋介は語る。

なんと美紗子が蓋を押し当てて少年を殺した時に隣にいた男こそが洋介だった。

そんな事は本人に言えるはずもない美紗子は売春で避妊をしなかったため、誰か分からない子供が出来てしまう。

美紗子と洋介は結婚し、その子を育てる決意をする。

子供は順調に成長していき、3人での幸せな生活が暫く続くが、ついに刑事が家に訪ねて来ます。

幸い、刑事に美紗子の罪を勘づかれる事はなかったが、美紗子はさらに罪の意識に悩むようになり、子供を殺して洋介に命を奪ってもらおうと考えるようになる。

しかし美紗子は自殺を決意し、手首を切って川に飛び込む。

それに気付いた洋介は美紗子を助けて一命を取り留めた。

美紗子が目を覚ますと手元には今まで隠し続けていた『ユリゴコロ』のノートが置いてあった。

家族に自分が重罪人だと気付かれてしまった。

重罪人を野放しにする訳にはいけないと感じた洋介は、自らの手で死なせる事が最善だと思い、美紗子の腕を縛り、ダムへ飛び降りさせようとする。

しかし、最愛の美紗子を永遠に失うのは耐えきれず、お金と地図だけ渡して美紗子と別れる。

細谷の正体

『ユリゴコロ』に不思議な親近感を覚えていた亮介はノートをここまで読むと、美紗子の子供が自分であると確信。

一刻も早く千絵を見つけ出したい亮介は、千絵の捜索協力者、細谷に千絵の居場所が判明したか電話を入れる。

すると、とある暴力団のオフィスに監禁されている事が判明。

美紗子の娘であると同時に、殺人者の息子である自覚した洋介は躍起になり暴力団員を殺す為に包丁を持ってオフィスに向かう。

しかし亮介が到着した頃には暴力団員全員が死んでおり、千絵も無事だった。

現場には『ユリゴコロ』に度々登場したオナモミの実が落ちていた。

喫茶店兼自宅に戻り千絵を介抱している亮介の元へ細谷が現れる。

そこで亮介の疑念が確信に変わる。

実は細谷が亮介の実の母であり、殺人者美紗子だった。

美紗子は亮介の為にまた殺人に手を染めたのだった。

遂に真の家族として2人は再会してしまった。

美紗子は病室で寝ている洋介に会いにいき、それ以来二度と現れる事はなかった。

映画ユリゴコロスタッフ&キャスト

製作国

日本

 

監督

熊澤尚人

 

脚本

熊澤尚人

 

原作

沼田まほかる

 

製作

石田雄治

 

製作総指揮

佐藤直樹

 

千葉善紀

 

柳迫成彦

 

大熊一成

 

出演

吉高由里子

 

松坂桃李

 

松山ケンイチ

 

貴山侑哉

 

佐津川愛美

 

清野菜名

 

清原果耶

 

木村多江

映画「ユリゴコロ」世間の感想

途中リスカシーンが見ていられなかったが、そこ以外は楽しめた。

一番印象的な人物は父親。
父親の人生、苦しみばかりだったはずだけど、それが無くては出会わなかったものもあって、何とも言えない気持ちになる。

松坂桃李の狂気を隠してる的な演技もよかった、途中抑えられなくなる感じとか。

最後にカーテンめくれた後のマツケン吉高になるシーンが一番好き。

 

松坂桃李の怪演に圧倒されて。

サイコパスの人の心理変化についてよく描かれてて、考えた
くるしかったろうな

 

 

一冊のノートを読み始めると、殺人ノートであることがわかり、
それがまさかの自分の母親の話だった。

父親は自分のせいだと思って殺してしまった小学生の事をいつまでも引きずって、快楽のためにその小学生を殺してしまった母親が数年後に出会い、お互いに惹かれあって、その事実を知ってしまった父親は母親に自殺させようとするも、やはり出来ずにもう二度と会わないことを約束して別れる。

数年後に自分の息子の彼女と出会い、
その彼女を監禁していたヤクザたちを全員殺してしまう。その真実を知った息子は母親を問い詰める。自分は殺人鬼の息子だと知って絶望した息子の中の殺人鬼の血が騒ぎ出し、母親を殺そうとするも、辞めてしまう。
そこでもう先が長くない父とあってほしいと伝え、別れた頃の若い二人が再開するシーンで終わる。

すごくヒューマンドラマで、
少しだけ泣けた。

最近忙しすぎて久しぶりに映画観れた。
人間映画観る余裕くらいないとダメだよなぁ。

サイコパス的な作品観たくて調べてアマプラにあったって理由で観た。

いや、思ってたサイコパスと違ったけど凄い作品に出会えたな。

普通に歯車が少しだけずれちゃっただけなんだよなぁ。
ちゃんと悲しむし、ちゃんと喜ぶし、ちゃんと人を愛してるし。

人生で何本の作品を観られるのかわからんが、これは出会えてよかったかな。

まとめ

 

映画「ユリゴコロ」はU-NEXTで配信中です!

 

見逃した人は是非チェックしてみて下さい!

 

 

U-NEXT公式サイト31日間の無料お試しはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました