スティーブ・ジョブズ(映画)動画配信を無料でフル視聴するには!あらすじ・感想・まとめ

洋画

映画「スティーブ・ジョブズ」を”見逃してしまった!”

 

いう人や”カット・CMなしで観たい”という人に無料でフル視聴する方法

 

あらすじ・キャスト・感想をまとめてみました!

 

見逃した作品、過去の作品が観たい

 

まとめて全話観たい

 

CMなし、高画質で観たい

 

こんな人たちにピッタリの動画配信サービスをご紹介します!!

 

映画『スティーブ・ジョブズ』を無料で視聴する方法は?

映画「スティーブ・ジョブズ」

フル動画はU-NEXTで配信中です!

初回登録は31日間無料&600ポイントプレゼント

U-NEXTで今すぐ視聴する

 

【U-NEXT簡単な登録方法の手順】

 

 

【U-NEXT解約・退会の手順方法】

 

 

無料期間が最長の31日間 

(無料期間中の解約もOK!)

無料トライアルとは
申込みから31日間、基本料金が無料で試せるキャンペーンです。
また、加入特典としてU-NEXTポイントをプレゼントしているので、レンタル
作品も楽しめます。
もちろん、無料期間中に解約すれば料金は一切発生しません。
「31日間無料トライアル」はこちらから登録いただけます。
※トライアル期間終了後は自動継続となり、月額基本料金が発生します。

おすすめNo.1!U-NEXT

【U-NEXT】は、洋画、邦画、国内外ドラマ、アニメ、バラエティ、雑誌など様々なジャンルが揃っている動画配信サービスです。

 

月額1990円(税抜)ですが、毎月1200円分のポイントがもらえるので、実質790円(税抜)で楽しむことができます。

 

ポイントは新作映画や新作ドラマ、漫画などの有料コ¥ンテンツに利用できます。

 

初めて登録するのが不安という人にも安心!

 

U-NEXTでは初回登録の場合《31日間の無料トライアル&600円分のポイ

 

ントプレゼント》を実施しています。

 

無料トライアル中にボタン一つで解約できるので、1円も払わずお試しができるのです。

 

U-NEXTの特徴

①見放題作品数No.1!!

 

 

U-NEXTより引用

 

U-NEXTより引用

 

 

②新作映画がレンタルと同時配信

U-NEXTより引用

 

 

③NHKオンデマンド作品あり

 

(ポイント利用orNHKまるごと見放題パックで視聴可)

 

 

U-NEXTより引用

 

 

④80誌以上の雑誌読み放題

 

U-NEXTより引用

 

 

⑤毎月1200円分のポイントが付与!

有料コンテンツ(ポイント作品・電子書籍・映画チケット)で利用可!

 

 

 

U-NEXTより引用

 

 

⑥追加チャージで最大40%ポイント還元

 

 

U-NEXTより引用

 

 

⑦最大4つのアカウント作成が可能!

 

U-NEXTより引用

 

 

⑧ダウンロード機能アリ

 

 

⑨マルチデバイス対応

 

 

⑩高画質&高音質

 

 

登録はこちら

 

☟ ☟ ☟ ☟

 

初回登録31日間無料&600円分のポイントプレゼント

 

U-NEXTで今すぐ視聴する

 

【U-NEXT簡単な登録方法の手順】

 

 

【U-NEXT解約・退会の手順方法】

 

 

「スティーブ・ジョブズ」あらすじネタバレあり

世界を変えたApple社の創設

1976年、スティーブ・ジョブズは

自分と同様に社会のはみ出し者だった友人たちと共に

自宅ガレージに「アップルコンピュータ」を創設する。

 

のちにヒット商品と名声を手にする「Apple社」の前身である。

 

ジョブズの破天荒な青年期

 

ジョブズは気性の激しい性格だった。

 

大学を退学後も、授業を受け続けて宗教を学び

普通に学ぶ学生に、そんなものはくだらないと宣う。

 

東洋思想にハマってインドを旅したり、ドラッグを好むなど、

自身の興味のあるものしか手を出さない破天荒な生活を送っていた。

 

1976年、ゲーム開発の会社に勤めるも、

他者とのかかわりが不得意で、加えて協調性がなく、

恋人の妊娠にも責任を果たさないといった有様だった。

 

華々しいデビューと失速

 

ジョブズは、友人たちと自宅ガレージに会社を起業する。

名前はアップル社

 

ジョブズは、スティーブ・ウォズニアックと共に

新たなコンピューターの開発を進める。

 

そして世界に先駆けたパーソナルコンピューター

「Apple Ⅱ」を開発する。

 

これによりアップル社は一世を風靡し、大きく成長

一大企業と化す

 

ところが1984年、マッキントッシュを発売するも

開発の遅れや、他社による類似製品の販売による競合から

アップル社は業績悪化に至る。

 

ジョブズは、Apple Ⅱによる成功によって

自らに自信を持っていた。

 

その自信が加速し、

会社で独断的采配を振るうこととなる。

 

しかし、そんな独裁的な彼に

ついていけなくなった社員達が

次々とアップル社を辞めてしまう。

 

共にアップル社を立ち上げた、古い友人である

スティーブ・ウォズニアックまでが

彼の元を去ってしまう。

 

アップル社の業績不振などの責任を問われるジョブズ

彼は孤立し、ついに会社を追われる。

 

天才は立ち上がる

 

1985年、アップル社を追われたジョブズは

結婚し、妻子と共に穏やかな日々を過ごしている。

自分で新しい会社NeXTを立ち上げていた。

 

一方、ジョブズが辞めたアップル社は、更に失速していた。

 

ジョブズが辞めて11年後、

アップル社は、ジョブズが立ち上げたNeXTに目をつけ

買収する。

 

買収によって、結果的にアップル社に戻ることとなる

その頃、アップル社は惨憺たる経営状態にあった。

 

ジョブズは、CEOと古参の経営陣の解雇をもとめ、

アップル社の再建を手掛けることとなる。

 

相変わらず独創的ながら、

アップル社に戻り新たなコンピューターの開発を進めるジョブズ

 

1998年アップル社は、スケルトンカラーのiMacを開発

これによってアップル社は復活を果たし、

2012年9月には、株式時価総額が世界一となった。

 

天才の名言「think  different」とは

 

劇中、ジョブズは

「他社の製品を見たら、

改善よりも別のアプローチ方法を考えるべき」

と言う。

 

これは、ジョブズが立ち上げたアップル社は、

他人の真似をする会社ではないということでもある。

 

同じ考えではなく、

別の観点から見て考えること

それが新しいものを生み出すきっかけとなる。

 

斬新で独創的

唯一無二の生き方をした天才ジョブズ

 

その天才ジョブズが、何を心に掲げ、

どう生きたのか

 

ジョブズが残した名言「think different」

それを形にした映画といえる。

 

「スティーブ・ジョブズ」スタッフ&キャスト

 

監督:ジョシュア・マイケル・スターリン

 

原作:Jobs

 

脚本:マット・ホワイトリー

 

製作:ジョシュア・マイケル・スターリン

 

製作総監督:ジェイコブ・ペチェニック

 

製作年:2013年

 

出 演

 

スティーブ・ジョブズ:アシュトン・カッチャー

 

マイク・マークラ  :ダーモット・マローニー

 

スティーブ・ウォズニアック:ジョシュ・ギャッド

 

ダニエル・コトキ  :ルーカス・ハース

 

アーサー・ロック  :J.K.シモンズ

 

「スティーブ・ジョブズ」世間の感想

 

 

亡くなったジョブズの姿は覚えていますが、主役を演じたアシュトン・カッチャーがすごい!
本当にジョブズの生き写しなのかって驚くほどに似ていました。
最初は特殊メイクかなにかかと思っていたんですけど、役作りだったと知って、さらにびっくり。
あまりにも似すぎていて、映画を観ていると、まるで本当のジョブズがいるように思えます。
しぐさから、動きから、天才は独創的だと思いました。
それはジョブズという天才についてはもちろんですが、俳優アシュトン・カッチャーっていう天才をも含めて言えることだと思います。

 

 

スティーブ・ジョブズのことは何となく知っていたけど、映画を観て、もっとよく分かりました。

こんな破天荒な人生、そう簡単には行きませんね。

ジョブズって、普通の人が考えることの先の先を考えていたんだと思います。

それがあまりにも先過ぎて、周りの人はついていけなかった。

年齢を重ね、痛みを知って、ジョブズ自身もその違いを体感して、またアップル社に戻ってきた。

なんか、そういうのを考えながら観てると、すごく感動しました。

難しいところも色々あったけど、ジョブズの痛みを共感できると、全てがすんなり理解できる映画だと思います。

 

天才が生きる道を知れた映画。

最初のころ、大学を中退しながら、それでも大学にいて授業を勝手に受けている頃、「なんでこんなことしてるのか」って不思議だったんだけど、その後のジョブズの行動を観ていると、自分が疑問に思った事、興味を持ったことは、どんな環境にあっても、自分の好奇心を優先するべきだっていう気持ちだったのだと理解できた。

信念があるってことなんだろう。自分に対する。

それを映像にするのは、大変な作業だと思うが、観て実感できるのだから、すごい手をかけた作品なのだと感じる。

まあ、僕はジョブズのようには生きれないですけどね。

 

スティーブジョブズって、悪い表現をすれば、いわゆる社会性のないクズみたいな男だったんだ。

でも、自分の中に確固たる理念というか、信じるものがあったということなんだろう。

スティーブ・ウォズニアックっていう友と出会ったり、革新的なコンピューターの開発を進めることができたっていうのは、ちょっとした強運なのかもしれないけど。

でもその運を生かせるだけ、自分を信じていたのかも。

そう考えると、なんかちょっとカッコいい。

凄い男らしい生き様だと思う。

今の社会ではそんな生き方難しいけど。

でも、伝記としてはとても面白い。

映画で見れるのは本当にいい作品だと思います。

まとめ

 

革新的なコンピューターの開発に携わり、世界を変え、

唯我独尊的気質をもち、唯一無二の人生を駆け抜けた男

 

他人にどう思われるかよりも

自分がどう思うか

直感を信じ、自分らしい道を歩んだ男

 

映画「スティーブ・ジョブズ」はU-NEXTで配信中です!

見逃した人は是非チェックしてみて下さい!

 

U-NEXTで今すぐ視聴する

コメント

タイトルとURLをコピーしました